『今の時代がいちばんいいよ』緊急リリースのお知らせ

なんと前野健太さんの初の初の全編弾き語りによるアルバムを、弊社より「CDブック」という形式でリリースします!
タイトルは『今の時代がいちばんいいよ』。発売日は12月7日です。

本作のために、新曲5曲を含む全11曲が新たに録音されました。
収録曲「野蛮なふりをして」は、2016年2月14日まで東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催中の『東京アートミーティングVI “TOKYO”―見えない都市を見せる』展に松江哲明監督が出品している新作『その昔ここらへんは東京と呼ばれていたらしい』の主題歌にもなっています。

プロデュースは九龍ジョー、マスタリングは中村宗一郎が担当。
アートワークは惣田紗希が手掛け、ジャケット写真は石川直樹による撮り下ろしとなります。

本作リリースにあたっての九龍ジョーさんによるコメントをどうぞ。

日本社会の急変を告げる鐘声鳴りやまぬ、2015年。
演劇公演や映像作品への音楽提供、小説執筆など、充実した活動を見せている前野健太ですが、水面下で続けてきた深化した歌への取り組みを、この2015年内に結晶化するべく、キャリア初の全曲弾き語りアルバムとして緊急リリースする運びとなりました。
もし100年後の人たちが、私たちの何げない毎日に思いを馳せることがあるとしたら、その想念はここに収められた歌のようなカタチをしているのかもしれません。

ニュースで取り上げていただきました!


ぜひご期待ください!