『Didion』02、できました

どれぐらいの方が待ってくださっていたかわかりませんが、九龍ジョー編集、個人の風景を編むリトルプレス『Didion』、ついに02号が完成しました!

『Didion』02
特集:落語の友達
【インタビュー】MC.sirafu、川本真琴、高田漣、田中貴、豊田道倫、 直枝政広、向井秀徳、山本精一
【エッセイ】木村万里、さかがみこずえ、サンキュータツオ、滝口悠生、林伸次、広瀬和生、矢内裕子、山下桃子、山本ぽてと、和田尚久
【対談】リナ&ユカ
【イラスト】オオヤヨシツグ

創刊号の「ストリップ・ナウ」に続き、今号のテーマはずばり、「落語の友達」です。
なぜに友達? というあたりはこちらの内容紹介ページを見ていただければと思いますが、じつにさまざまな方が、素晴らしい原稿を寄せてくださっています。
ミュージシャンに「お気に入りの一席」を伺ったインタビューは、どれもご自分の音楽について語っているようにしか聞こえないのがホント不思議で、おもしろいです。

落語好きはもちろんのこと、落語に馴染みのない方にも楽しんでいただける一冊となりました。

発売日は5月24日(金)。
弊社刊行物の取り扱いがある書店に並ぶ予定です。
直販サイトでもすでに予約を開始しております(ただいま送料無料)。
なお、価格は前号同様、900円(税別)となります。

また、5月6日(月・祝)開催の「文学フリマ東京」で限定先行販売もする予定です。
ブース場所は「ウ-42」 。
ご来場の際には、ぜひお寄りいただければうれしいです。